新幹線の人気の理由がここにある

新幹線のスピード

新幹線はスピードが速いというイメージを持っている人も多いでしょう。JR各社が保有しているそれぞれの新幹線はスピードが異なります。これは新幹線が走る区間の特徴が異なるので、日本全国どこでも簡単にスピードアップできるというわけではありません。それぞれの新幹線の最高速度がどのくらいなのかをご紹介します。

新幹線で最もスピードが出るのが東北新幹線です。どの区間で最高速度が出るかというと、宇都宮と盛岡の間で320km/hのスピードが出ます。これが新幹線で一番速いスピードになります。次に早いのが山陽新幹線の300km/hです。これは新大阪と博多の区間で、このスピードが出ます。

最初に開業した東海道新幹線は3番目に速いスピードを出していて、東京と新大阪間で285km/h出ます。これはN700Aのみとなっています。北陸新幹線は高崎から金沢の間で260km/h、上越新幹線は大宮から新潟の間で240km/h、ミニ新幹線と言われている山形新幹線と秋田新幹線はそれぞれ130km/hのスピードが出ます。それぞれの区間で最高速度が異なります。直線距離や地形の違い、新幹線の車輌や線路の規格の違いなどで速度が異なってくるのです。