新幹線の人気の理由がここにある

新幹線の種類と規格

国鉄時代と違い、現在はJR各社で異なる新幹線を走らせています。JRは日本国有鉄道の分割民営化で発足した民間会社です。JR北海道・JR東日本・JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州の各社で新幹線を運行しています。

新幹線は大きく分けて、フル規格とミニ新幹線に分けることができます。開業当時からのフル規格で新幹線専用の線路を使って走られているのが東海道新幹線、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線で、早い時期に整備されました。その後1997年に北陸新幹線が開業し、2000年代に入ってから九州新幹線と北海道新幹線が開業しました。

フル規格の新幹線ではなくミニ新幹線に分類されるのが、山形新幹線と秋田新幹線です。山形新幹線が平成4年に、秋田新幹線が平成9年に開業しました。従来の新幹線と比べてスピードが遅いですが、それでも在来線と比べると早いですし、既存で整備されている在来線を利用した線路を使っているので建設費用を抑えることが可能です。JR各社が特徴ある新幹線を利用して様々なサービスや規格を考えて、乗車する人に楽しい時間を過ごしてもらったり、快適に目的地までたどり着くように、全ての新幹線で安全性と快適性を追求しています。


▼ 当サイト関連リンク ▼
JR各社が運営している新幹線には回数券があります。新幹線の回数券を利用することで、定価よりもお得に乗ることができるのでぜひ利用してみてください ≫ 新幹線の回数券